Our Service

治療終了~髪が回復する方へ

回復期と着用期間

  • 意外と知らない「治療後」の髪の変化

    • 1.抗がん剤治療が終わって、約1~2ヵ月の間に髪が生え始めます。
      髪の生え始めには、もとの髪質と違った状態で毛髪が生えてくることがあります。これは、毛母細胞に抗がん剤が影響しているのが原因と考えられています。
    • 2.約2~3ヵ月の間、クセ毛のある髪が生えてくることが多いです。生え始めの髪のクセには個人差があります。
    • 3.クセのある髪が生え変わって、元の髪の長さにもどるまでが、ウィッグの着用期間となります。
  • 回復期に早くウィッグから卒業するために

    ウィッグと同じ髪の長さになるまでの時間は?

    抗がん剤治療が終わっても、1ヵ月でおよそ1cmのスピードで髪が生えてきます。ショートスタイルの髪の平均的な長さはおよそ15cmなので、元の長さに戻るには15ヵ月の時間が必要です。クセのある髪が生えてくる期間の2~3ヵ月を足すと、およそ18ヵ月となります。

    髪の成長スピードを理解して、早くウィッグから卒業する

    抗がん剤治療の終了後、ショートヘアに戻る方がウィッグを早く卒業できます。すべての方にショートヘアをおすすめしているのではありませんが、私たちの経験からのアドバスとして、ご理解ください。

  • 抗がん剤が終了しても、ウィッグが必要な場合

    引き続きウィッグをご使用される方へ

    化学繊維毛のウィッグをご使用の場合…

    静電気によって、髪の毛先に縮れが起きる場合もあります。エデューでは、静電気除去サービスを行っていますので、ウィッグのお手入れもできます。

    サイズがきつくなる場合…

    髪の回復に合わせて、ボリュームが増えることで、ウィッグのサイズがきつくなる場合があります。アジャスターだけでは間に合わないサイズ調整を、お店で承ります。
    *ウィッグの製法や状態で、承ることができない場合もございます。

    部分ウィッグという方法も

    抗がん剤治療で使用されるのは、頭全体が包まれる全頭ウィッグ(フルウィッグ)ですが、特定のエリアだけをカバーする「部分ウィッグ」というアイテムもあります。回復してきたご自身の髪を活かしながら、必要なエリアだけウィッグでカバーすることも可能です。

  • 髪の回復までサポートします

    私たちは、治療前~髪の回復までサポートする美容室として、 ご自身の髪のカットや必要なアイテムのご提案を行っています。 お気軽にお問い合わせください。