Frequently Asked Questions

円形脱毛症におすすめの髪型とは?対処法を解説

円形脱毛症におすすめの髪型とは?

円形脱毛症を発症すると人目を気にするあまり、髪のセットに時間をかけたり精神的に落ち込んだりすることでしょう。この記事では、円形脱毛症で悩む方に向けて、おすすめの髪型を男女別に取り上げます。そのほか、髪型を変える以外の対策にも触れました。記事を読んだ上で、自身に適した髪型や対処法を探してみてください。

 

円形脱毛症におすすめの髪型とは?

円形脱毛症を上手に隠し、目立たなくさせるには、症状にあった髪型を選ぶ必要があります。理由は、人によって脱毛の位置や範囲が異なるからです。以下では、円形脱毛症のタイプや脱毛を目立たなくさせる男女別の髪型を紹介します。円形脱毛症のタイプを把握して、自身に合った髪型を探してください。

 

円形脱毛症のタイプは4

髪型を変えられる円形脱毛症のタイプは、単発・多発・多発融合・蛇行型の4つに分かれます。

・単発型

単発型

丸・楕円型に髪が抜けるタイプで、範囲は10円~500玉以上の大きさです。範囲が狭いため、比較的隠しやすいタイプといえるでしょう。


・多発型

蛇行型
いくつかの単発型円形脱毛症が頭皮に現れるタイプです。同時期に発症しないため、完治に差がでます。そのため、単発型よりも脱毛箇所を隠すのが難しいタイプといえるでしょう。

・多発融合型

多発融合型

多発型による脱毛が重なっているタイプです。範囲が広いため、隠す際には髪型を工夫する必要があります。

 

・蛇行型

蛇行型

蛇の動きを彷彿させるタイプです。後頭部から側頭部の範囲に脱毛が現れます。

女性におすすめの髪型

円形脱毛症により、髪型で悩んでいる女性に向けて、おすすめの髪型をまとめました。簡単にセットできるひとつ結びを始め、ボリュームを調整できるお団子や、脱毛箇所を目立ちにくくするベリーショートの髪型を紹介します。各自の症状に合わせて、髪型を選んでください。

 

ひとつ結び

ひとつ結びの髪型その2

髪をひとつに束ねる結び方は、脱毛範囲が狭い単発型を隠すのに適しています。しっかりと髪を結んでいるため、風や汗の影響を受けにくいからです。髪型が崩れてしまっても、簡単に直せるので心配ありません。毛量が少ない方は、コテを使ったり結び方を変えたりしてみましょう。また、結び目のゴムからトップの髪を少し引き抜けば、髪にボリュームを与えられるため、脱毛箇所を上手に隠すことが可能です。とはいえ、生え際に円形脱毛症が現れている場合は、ひとつ結びの髪型を選ばないようにしてください。脱毛箇所が隠せず、髪を引っ張ることで症状が悪化する可能性があります。そのため、ひとつ結びの髪型は範囲が狭く、生え際以外の箇所で脱毛が現れている方に限られるでしょう。また、髪が短い、毛量が少ないといった方も、上手に脱毛部分を隠せないため、ある程度の長さと毛量が必要です。

 

お団子

お団子の髪型その2

後頭部などの根元で髪をまとめるお団子の髪型は、トップや後頭部の円形脱毛症を隠すのに適しています。髪が長く毛量が多いほど、脱毛箇所を隠しやすいため、できる限り髪を伸ばすようにしましょう。毛量が少ない女性は、逆毛を立てたりヘアクッションを入れたりして、髪のボリュームをアップさせることで、より自然になります。また、髪を無造作に束ねるアレンジにも挑戦してみましょう。無造作な髪ならば、ボリュームのある印象を与えられます。脱毛箇所が見えない程度に、髪を無造作に束ねてみてください。ただし、お団子の髪型もひとつ結びと同様に、髪に負担をかけます。長い期間、同じ箇所で結んでいると、引っ張りによる薄毛・脱毛の症状が現れかねません。そのため、日によって結ぶ箇所やヘアセットの仕方を変えるようにしましょう。

ベリーショート

ベリーショートのサンプル

脱毛箇所の毛が少し生えている状態ならば、ベリーショートの髪型がおすすめです。治療途中にある毛は、立っていたり縮れていたりするため、毎日のヘアセットに時間がかかります。しかしベリーショートなら、脱毛箇所が自然に仕上がり、セット時間を短縮することが可能です。脱毛箇所が目立ちにくい理由は、短く立っている毛が周りの毛と溶け込むためです。髪全体を、脱毛箇所の毛に合わせて刈り込めば、髪のボリュームに統一感を持たせられます。セット時間を短縮できる理由は、脱毛箇所を隠す必要がないからです。そのほか、洗髪のしやすさもベリーショートの良さといえるでしょう。シャンプーが頭皮に届きやすく汚れをしっかり取ることができます。また、髪を乾かしやすいことから、頭皮を清潔に保てるため、髪の栄養不足を改善する効果も期待できます。

男性におすすめの髪型

円形脱毛症の男性には、オールバックとショート刈り上げの髪型がおすすめです。オールバックは頭頂部や後頭部、側頭部の脱毛を隠せます。ショート刈り上げは、側頭部や後頭部の脱毛を目立たなくすることが可能です。

 

オールバック

オールバック

髪を後ろに流すオールバックは、広い範囲で脱毛箇所を隠せるのでおすすめです。前髪から頭頂部の髪を長く伸ばせば、頭頂部や後頭部、側頭部を覆い隠せます。

髪をセットする際は、髪の乾かし方やスプレーの吹きかけ方、髪の梳かし方に注意してください。前髪を乾かす際は、ドライヤーを前から当て、指や櫛を使いながら後ろへ流します。ポイントとしては、根元から立ち上げ、自然な毛流れを作ることです。乾かした後は、脱毛した部分を隠せているか確かめましょう。スプレーを使う際は、脱毛した箇所の1センチほど上の髪を少し取り、コームで整えたあと、スプレーで軽く固めます。ポイントは、髪に隙間を作らないことと、30センチほどの距離から少量だけ吹きかけることです。こうすることで不自然にならず、しっかりとセットできます。仕上げた箇所からさらに1センチ上の毛束も、同じ手順で仕上げて完了です。頭頂部や後頭部は見えにくいため、合わせ鏡を使うか、家族に確認してもらいましょう。髪を固める整髪料にはハードスプレーがおすすめです。ジェルやワックスでは、髪に束感が生まれ、覆い隠す髪が割れる可能性もあるため、注意してください。

ショート刈り上げ

ショート刈り上げ

側頭部や後頭部に脱毛箇所がある男性には、耳周りや襟足部分を短くするショート刈り上げもおすすめです。刈り上げることで側頭部の脱毛が目立たなくなり、自然に仕上がります。また、短く切っても少し長めの髪を上から下ろせば、脱毛箇所が隠れるため、気にならないでしょう。ショート刈り上げのメリットは、頭皮を清潔に保てる点です。髪が短いため、シャンプーの泡が頭皮に届きやすく、髪も早く乾くでしょう。頭皮が清潔なら髪に栄養が届きやすく、産毛の成長を促せます。

 

円形脱毛症の髪型以外の対処法

脱毛箇所を隠す髪型は、セットに時間がかかります。範囲によっては、髪型を変えても完全には隠せないでしょう。このような不満を解消するためには、以下の対処法が挙げられます。「帽子などを被る」「パウダーで患部を隠す」「医療用ウィッグを使う」などの方法で、問題を解決できます。

帽子やバンダナを身につける

バンダナのスタイル

帽子を被ったりバンダナやスカーフを巻いたりするメリットは、脱毛箇所を簡単に隠せる点でしょう。髪型を整える必要がないため、セットする手間が省けます。また、心理的な安心感を得られるのもメリットです。帽子などを脱がなければ頭皮を見られずに済むため、他人の視線を気にする必要がありません。とはいえ、デメリットもいくつかあります。ひとつは頭皮の血行不良です。小さくて伸縮性のない帽子を選ぶと、頭部が締めつけられ血行不良を招きかねません。快適に被れるよう、ゆとりと伸縮性のある帽子を選んでください。2つ目のデメリットは、頭皮の衛生環境を悪化させる点です。長時間の帽子やバンダナの着用により、頭皮は汗を掻いて蒸れてしまいます。それにより、雑菌が増えて頭皮の衛生環境が悪化するため、長時間の着用は避けるべきでしょう。3つ目のデメリットは、室内での脱帽です。状況や相手との関係性によっては、帽子などを被ったままでは失礼になるので、脱ぐ必要があるでしょう。その際に髪型があらわになるので、脱毛箇所を隠せない可能性が高いです。帽子などを着用するならば、脱ぐ必要がない日にしましょう。

患部を隠すパウダーを使用する

患部を隠すパウダー

パウダーを使うことで、脱毛した部分を手軽に隠せ、比較的安価で購入することができます。パウダーの使用方法は簡単で、脱毛した箇所に振りかけるだけです。商品によっては、ミストやセットスプレーを振りかける必要がありますが、隠すセットに比べれば、手間を大幅に減らせます。また、パウダーを使用すれば、周囲の髪や頭皮に細かい粒子が付着し、露出した部分を隠せます。髪の毛を太くさせたり頭皮に毛が生えたように見せたりできるため、脱毛範囲が広くてもパウダーで隠すことが可能です。パウダーは1,000円台~1万円程度で売られており、専用のウィッグをつくるよりも出費を抑えられます。安価で手軽なパウダーですが、デメリットもあります。主なデメリットは次の4点です。「パウダーが目立つ」「頭皮に負担をかける」「強風・大雨・摩擦に弱い」「衣服などに付着する」といった点が挙げられます。パウダーは頭皮に直接つくため、脱毛範囲が広くてもカバーが可能です。しかし、頭皮につくパウダーが多ければ周囲の髪とのバランスが崩れてしまい、人の目を引く可能性があります。また、パウダーは頭皮を覆うため、皮脂の分泌や乾燥が発生しかねません。そのほか、パウダーはある程度の風や雨、摩擦では取れませんが、強風や大雨に晒されたり強くこすったりすると、パウダーが取れる恐れがあります。その際、身の回りを汚すケースも想定されるでしょう。パウダーをつけるなら、悪天候でない日や帽子などを被らない日を選び、布団・ベッドに入る前にはシャンプーすることを心がけてください。

費用面でのデメリットでは、使用する頻度や期間、量によって、ウィッグを購入するよりも出費が嵩む可能性があります。そのため、脱毛範囲が広い場合や治療が長期にわたる場合は、費用を抑えられるウィッグの利用を検討してください。

医療用ウィッグを利用する

帽子やパウダーのデメリットを懸念するならば、医療用ウィッグの利用がおすすめです。医療用ウィッグは、円形脱毛症の方や抗がん剤の投与を受ける方などのためにつくられています。肌への刺激や通気性を考慮しているので、帽子を被ったり頭皮にパウダーを振りかけたりすることで生じる、頭皮への負担や不自然さなどの問題が発生しにくいです。特徴としては、長時間の着用や真夏の汗ばむ時期でも通気性がよく、快適な点です。医療用ウィッグの利用方法は以下の通りです。始めに店頭・電話などでウィッグの購入を相談し、アドバイスを貰いながらウィッグを決めていきます。ウィッグには既製品とオーダー品があるため、費用や納品までの時間、フィット感などを考慮してウィッグを選びましょう。既製品なら、お店に在庫があれば当日に受け取れるので、急ぎの方におすすめです。エデューでは、ウィッグを被った状態でのカットやスタイリングが可能なため、オーダーで自分に合った商品を手に入れられます。

円形脱毛症の治療中にはエデュー医療用ウィッグの使用がおすすめ

エデュー医療用ウィッグの使用がおすすめ

エデューが提供する円形脱毛症の部分ウィッグは、2万円台からの購入が可能です。ウィッグの毛材は人毛ミックスを取り扱っており、自分に合ったスタイルと値段を考慮しながら選べます。さらに、分割での支払いも可能で、最大18回までは分割手数料が無料です。治療費の負担が大きい方でも、自分にピッタリ合うウィッグを手軽に購入しやすいでしょう。また、エデューの大きな特徴は、手縫いでのサイズ調整です。手縫いにより、各自の頭に合った調整が受けられるので、ストレスを感じにくいでしょう。また、着用者の髪型や骨格に合わせた、自然なスタイリングやカットを行えるのもポイントです。

 

まとめ

円形脱毛症は場所や範囲によって、自然に見える髪型が異なります。場合によっては、髪型を変えるだけでは隠しきれないかもしれません。また、手間がかかり環境や状況によっては、できる髪型が限られます。パウダーは手頃ですが、使い方によっては費用が嵩みます。セットの手間を省き精神的な不安を和らげるなら、医療用ウィッグの利用をおすすめします。

医療用ウィッグ 美容室エデュー

京阪モール/関西医大(枚方・滝井)/
心斎橋/南森町/銀座/札幌

お電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-489-390

無料相談 年中無休
10:30〜19:30