Frequently Asked Questions

自然に見える医療用ウィッグとは?髪の種類やつむじなど選び方を解説

抗がん剤治療を受けている方や脱毛症の方でも、家族や周囲にウィッグを使用していることを打ち明けにくい、という方はいらっしゃるのではないでしょうか。治療のためとはいえ、不自然に見えるウィッグではストレスを感じる方も多いと思います。

そこで今回は、自然に見えるウィッグの選び方をご紹介します。

<自分にピッタリの自然なウィッグを見つけるには>

① 自然に見えるウィッグを選ぶ条件

●髪の種類

人毛100%のウィッグは、髪の種類の中では最も自然に見えます。人毛MIXウィッグは、人毛と化学繊維毛の長所を掛け合わせているので、見た目が自然なだけでなく、スタイリングがしやすいというメリットがあります。化学繊維毛のウィッグは、製品によっては不自然なツヤがあります。

自然に見えるウィッグは、髪質や髪の色、ツヤ、量などご自身の髪の個性に合わせて選ぶことが大切です。

●つむじ・地肌・ボリュームが自然

製造方法によっても、ウィッグの見え方は異なります。総手植えのウィッグは、髪の毛1本1本を不自然に密集させることなく植毛することで、自然な見た目に仕上がります。機械編み(マシンメイド)のウィッグは、髪の量をコントロールせずに仕上げるため、不自然な髪の量になることが多いです。

●生え際やもみあげも、ナチュラルに再現

自然な見た目のウィッグに仕上げるために、生え際やもみあげの周りの調整も行えると好ましいです。後れ毛や産毛などを調整することで、風が吹いたときなどでも自然に見えるウィッグに仕上げることができます。

エデューでは、スタイリストがお客様の生え癖を見極め、自然に見えるように後れ毛などを調整しますので、どこから見ても自然なウィッグに仕上がります。

② ウィッグを自分の髪型に合わせる

ウィッグの髪型を、自分の髪型に合わせてつくるという方法があります。脱毛した後も、違和感なく髪型をキープすることができます。

③ 自分の髪型をウィッグに合わせて変える

自分の髪型を、ウィッグの髪型に合わせておくという方法もあります。例えば、ロングヘアの方が早めにウィッグを卒業したい場合、脱毛が始まる前に、ショートスタイルのウィッグの髪型に合わせて、ご自身の髪型をショートスタイルにすることで、ウィッグを早く卒業することができます。

<エデューからの提案>

① 治療前とウィッグの髪型を揃えておく

治療を始める前に、ウィッグの髪型とご自身の髪型を揃えておくことで、その髪型の扱い方に慣れることができます。自分も周囲もその髪型に見慣れるので、脱毛後にも、髪型の変化をまわりの人に気づかれにくいです。

② 通販・店頭で買う場合

どこに出かけるか、誰に会うかなど、目的に合わせてウィッグを選びましょう。「どんなものでもいいから、すぐにウィッグが必要だ」という方と、「治療しながら仕事も続けるので、会う人にウィッグだと気づかれないものがほしい」という方ではウィッグの選び方が異なります。仕事用や家庭用、少しの外出用など、生活のどのシーンでウィッグを使用するかに合わせて、ウィッグを選ぶことが大切です。

通販で購入する場合は、髪のツヤや量感をチェックするようにしましょう。店舗で購入する場合は、髪の色やツヤがOKであれば、髪の量やデザインをどこまで調整してくれるのかを確認してお店を選びましょう。お店によっては、生え際やもみあげまで作ってくれるところもあるので、より自然に見えるウィッグに仕上げてくれます。

★エデューの強み

お客様のリクエストに合わせて、普段の髪型のような自然なウィッグをご用意することができます。

まず、お客様のライフスタイルのヒアリングからおこないます。治療期間やウィッグの着用期間から、治療中もお仕事をされるか、入学式などイベントがあるかなどをお伺いし、最適なウィッグのご提案をさせていただきます。お客様の髪質にできるだけ近い髪質のウィッグをお選びし、ウィッグを装着したままドライカットによってヘアデザインを行います。女性の骨格を美しく見せるデザイン理論があるため、元の髪型よりもお似合いで喜んでいただけるヘアスタイルをウィッグで実現することができます。