Frequently Asked Questions

円形脱毛症を自然にカバー!女性用ウィッグのおすすめ商品&価格一覧

円形脱毛症を自然にカバーできるエデューの医療用ウィッグについてご紹介しています。円形脱毛症の種類に合わせて部分ウィッグやフルウィッグなどの選択肢があります。自分に合った医療用ウィッグの選び方やおすすめの商品、サービスの特徴、お得な分割払いができる方法なども解説しています。

円形脱毛症とはどんな病気?


円形脱毛症とは楕円形に脱毛する疾患で、すべての年齢で男女問わず起こりうる病気です。頭髪の一ヵ所とは限らず、複数個所に発症することもあります。また、頭髪だけでなくまゆ毛やまつ毛、体毛にも及ぶ重症例もあり、症状はさまざまです。

円形脱毛症のメカニズムは、何らかの原因で自己免疫が正常に機能しなくなったところに、白血球の一種であるTリンパ球が毛包(毛根を包む組織)を攻撃することで脱毛が起こると言われています。
原因はストレスによるものとのイメージがありますが、昨今はさまざまな説が唱えられています。自己免疫疾患やアトピー性疾患、出産後の女性ホルモン値の変化によるものや遺伝的要素などが要因として挙げられます。また、甲状腺疾患や膠原病、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状と合併するケースも見られます。

治療経過もさまざまで、一年以内に治癒するケースや重い症状では、現状維持かさらに悪化してしまうこともあります。また、一度治癒しても再発を繰り返してしまったり、完治まで数年かかったりするなど治療が長期化するケースも見られます。
円形脱毛症は、発見したら早期に受診することが重要です。放置してしまうと、より悪化の一途をたどってしまうことにもなりかねません。スピード感を持って、適切な治療を受けることで早期回復が期待できます。

円形脱毛症の種類

円形脱毛症はさまざまな症状がみられますが、いくつかの種類に分類されます。ここでは「単発型円形脱毛症」「多発型円形脱毛症」「蛇行型円形脱毛症」「全頭型円形脱毛症」「汎発型円形脱毛症」に分けて、症状や治療法について解説します。

頭髪の一部が脱毛する「単発型円形脱毛症」

単発型円形脱毛症は比較的多くみられるタイプで、軽症の部類に属し、全年齢、男女関係なく発症します。頭髪が円形や楕円形に脱毛する症状が多数ですが、まゆ毛やまつ毛、体毛に発症することもあります。
一年以内に完治するケースが多く、自然治癒することもあります。しかし、単発型が増えることで多発型に移行する場合もあるので、経過を注意深く見ていくことも重要になります。

脱毛箇所が複数にわたる「多発型円形脱毛症」

多発性円形脱毛症は、円形の脱毛部が複数個所にできる症状です。初めから多発性を発症する場合や単発性から移行してしまった場合があります。
適切な治療を行っても完治まで時間がかかることも多く、一度治ったと思っても再び発症してしまうケースもあると言われています。また、脱毛箇所がつながって拡大してしまう「多発融合型」に移行してしまうこともあります。

細長く広範囲が脱毛する「蛇行型円形脱毛症」

蛇行型円形脱毛症は、多発型の一種とされ、広範囲に細長く脱毛する症状です。額や耳周辺の生え際や後頭部から側頭部にかけて、帯状に蛇行するような脱毛斑ができます。
発症する割合は多くありませんが完治まで長い期間を要することもあり、円形脱毛症の中でも治りにくいとされる症状のひとつです。

毛髪のほとんどが脱毛する「全頭型円形脱毛症」

全頭型円形脱毛症は、脱毛斑が進行し広がってしまうことで、頭部全体の毛髪が完全に抜け落ちてしまう症状です。治りにくく、治療期間が長期にわたることが特徴で、重度の円形脱毛症とされています。
人によってはウィッグなどを使用して長期間の治療に対応する場合もあります。

毛髪以外の体毛も抜け落ちる「汎発型円形脱毛症」

汎発型円形脱毛症は、脱毛が進行し頭髪からまゆ毛・まつ毛、体全体のすべての毛が抜け落ちてしまう症状です。円形脱毛症の中では最も重症とされています。
円形脱毛症は範囲が広いほど難治とされており、汎発型にかかると治療期間も長くなります。この場合、全頭型と同様にウィッグなどのアイテムを使用して治療を進めていくことが必要になってきます。

円形脱毛症の悩みを軽減する「医療用ウィッグ」

再発の可能性がある多発型や症状が重度とされる蛇行型や全頭型、汎発型は、治療期間が長期にわたる精神的負担から生活の質(QOL)の低下を招く恐れがあります。長い治療期間もできるだけ普段と変わらない生活を送ることは、ストレス軽減や治療の経過にも大切なことです。

普段と変わらない生活を送るためには、見た目から満足感を得ることも重要になります。医療用ウィッグなどのアイテムを着用し、見た目を変わらなくすることで前向きになり、生活の質が改善されることもあるのです。また、医療用ウィッグを着用することで、患部を紫外線などの外部刺激から守ることができるという効果もあります。

一方、近年では医療用ウィッグを着用しながら「治療しない」という考え方も出てきています。根治に至る治療法が確立されておらず、再発を繰り返すことも多い円形脱毛症。生活の質を維持し充実した毎日を送るためには、医療用ウィッグを着用しながら「治療しない」ことも選択肢なのかもしれません。
円形脱毛症になったら、治療する・治療しないどちらを選択するにしても専門医には必ず相談しましょう。日本皮膚科学会円形脱毛症診療ガイドライン2017年度版によると、「かつらの使用は有用か」に対し、「行うよう勧める」と記載されています。
(参照:https://www.dermatol.or.jp/uploads/uploads/files/AA_GL2017.pdf
患部を自然にカバーしてくれる医療用ウィッグをうまく活用し、生活の質を維持していくことが大切です。

チェックポイントは?円形脱毛症に適したウィッグの選び方


ウィッグにもさまざまなものがあり、選び方にも注意が必要です。治療の妨げにならないことや見た目のよさ、メンテナンス性や予算の範囲内かなど、いくつかチェックしておくべき項目があります。ここでは、円形脱毛症に適したウィッグを選ぶ際のチェックポイントを解説しています。

治療の妨げにならない「医療用」のウィッグかどうか

円形脱毛症のためにウィッグを選ぶ場合、医療用であるかどうかをチェックしておきましょう。一般的な医療用ウィッグは頭皮に優しい素材の使用や通気性、締め付け感の軽減、長期間使用にも負担が少ないよう作られています。円形脱毛症の場合、頭皮が敏感な状態になっていることがあるため、そのような場合にも考慮されているのです。
ファッションウィッグの場合、安価で購入できることがあるため手を出しやすいですが、治療の妨げになったり、症状が悪化してしまったりするようでは元も子もありません。円形脱毛症には、長期間に及ぶ治療に耐え、快適性も備えた医療用ウィッグを選ぶようにしましょう。

扱いやすさとナチュラル感のバランスはよいか

医療用ウィッグは一般のウィッグと同様に、髪に使われている素材にも種類があります。その素材によって扱いやすさやナチュラル感、触った感触も違うため、自分に合ったものを選ぶことが大切です。
種類は「人毛」「化学繊維毛」「人毛ミックス毛」があります。
まず、人毛は耐久性があり美容室でのカラーやパーマも可能です。しかし、洗うと絡みやすくスタイルの維持ができなくなり自毛同様にトリートメントなどのメンテナンスが随時必要になります。また、比較的高価です。
次に化学繊維毛です。カラーやパーマはできませんが、扱いやすくスタイルも維持しやすいのが特徴です。また、比較的安価で購入できます。しかし、熱に弱く静電気で毛先が傷みやすく、長期使用には向きません。
最後に人毛ミックス毛ですが、価格や性能は人毛と化学繊維毛の中間と言えるでしょう。ミックスされている毛の割合によりさまざまですが、扱いやすさや見た目のナチュラルさ、耐久性のどれも期待できるのはバランスのよい人毛ミックス毛です。

気になる部分を完全にカバーできるか

医療用ウィッグは大きさも選ぶことができます。頭部全体を覆う「フルウィッグ」、気になる部分のみカバーできる「部分ウィッグ」があり、使い道や機能、メリットもさまざまです。フルウィッグは頭部全体に及ぶ症状にはもちろんのこと、現在は部分的な症状でも、進行した際にも買い替えが必要なく全体をカバーすることができるというメリットがあります。一方、部分ウィッグは頭部全体をカバーする必要がない場合に多く使われ、ボリュームを出したいときにも心強いアイテムです。また、ピンを使って気軽に着用できるものもあり、初めてのウィッグとしてもおすすめです。
自分の症状や経過に合わせて、気になる部分をしっかりカバーすることができる製品を選びましょう。

サイズや髪型をあとから調整できるか

しっかり吟味して選んだ製品でも、長期間使ううちにサイズや髪形に違和感を覚えたり、着け心地に不満を感じたりする場合があります。合わなくなったウィッグを無理に着けていると、ズレてしまったり浮いてしまったりなどのトラブルが起こりやすくなり、着けていても不自然さが目立ってしまうのです。
ズレたり浮いたりしないように自分で工夫することもできますが、素人には限界があり、トラブルを繰り返してしまうことも。特に医療用ウィッグは合わない状態で着けていると、治療の経過にもよいとは言えません。
サイズ調整や髪形の調整は、できるだけプロに頼んだほうがよいでしょう。医療用ウィッグは、購入後にもサイズや髪形調整のサービス行う店での購入をおすすめします。

価格は予算内に収まるか、支払いプランが選べるか

医療用ウィッグは決して安い買い物ではありません。だからと言って、医療用ウィッグにいくらでもお金をかけられるという方も多くはないでしょう。かけられる予算によって医療用ウィッグ選びをすることも大切ですが、安いからと言って異常に安価なもの選んでしまうと、品質に問題あり、買いなおしが必要になるともあります。結果、コストパフォーマンスが悪くなり、最終的には高くついてしまう失敗も起こりうるのです。
品質と価格のバランス、使用期間の長さなども踏まえ選ぶことが重要になります。もし予算内に収まらない場合、分割払いなどの支払いプランが選べる店で購入することもおすすめです。また、年齢や治療内容によって割引を適用している店もあります。
さらに、がん治療の場合は医療用ウィッグに助成金が出る自治体もあるので、上手く活用することが大切です。詳しくは最後の章に記載しています。

円形脱毛症を自然にカバー!女性におすすめの医療用ウィッグ4選

この記事では、円形脱毛症を自然にカバーしてくれる、女性に心強い味方である医療用ウィッグをご紹介します。
部分ウィッグからフルウィッグまで、価格やスタイル、適した症状も解説しているので、目的や予算に合わせた商品選びの参考にしてください。

 

小さい範囲を手軽にカバーできる「部分ウィッグ series1」


「部分ウィッグ series1」は円形脱毛症の範囲が比較的小さい、単発型などの場合におすすめです。頭皮に接地する部分は6cm×5cmの手のひらサイズで、髪の長さは20cmでカットも可能な製品です。人毛とオリジナル耐熱毛のミックス毛でできており、ドライヤーやアイロンも使用可能。静電気にも強い製品で耐久性も申し分ありません。医療用なので患部にやさしい肌触りや通気性のよさも特徴。手洗いも可能なのがうれしいですね。髪の色も4色あり、価格はカット・スタイリング込みで25,300円(税込)です。

https://www.wig-ladys.com/hairpiece/price/orderstyle1/

気になる頭頂部の分け目や前髪にも。「部分ウィッグ series2」


「部分ウィッグ series2」は頭頂部の分け目や前髪にも使用できるので、生え際からの脱毛症や範囲が小さめの円形脱毛症におすすめです。カットすることで自然な前髪も演出でき、人毛とオリジナル耐熱毛のミックス毛で滑らかな触り心地や自然なツヤが魅力。軽さや薄さもあり、スタイルキープも簡単です。頭皮への接地面積は14cm×5cm、髪の長さは40cmで扱いやすく、カットによるスタイリングもしやすいサイズ感です。また、医療用特有のやさしい肌触りや通気性も兼ね備えています。髪の色は暗めから明るめまで4色あり、価格はカット・スタイリング込みで47,080円(税込)です。

https://www.wig-ladys.com/hairpiece/price/orderstyle2/

さらに広範囲をしっかりカバー!「部分ウィッグ series4」


「部分ウィッグ series4」は、さらに広範囲にわたってカバーできる部分ウィッグです。頭皮の接地面積は15cm×15cmで、範囲が広がってしまった多発型の円形脱毛症にも対応できます。髪の長さは30cmで、カット次第でショートやボブ、ロングにもスタイリングできるのも特徴です。自然な分け目や頭頂部で、どこから見られても不自然さはなく、自然なツヤも感じられ、安心して着用できます。医療用ならではの安心素材を使い、通気性や肌触りも心地よく、長時間着用していても負担になりません。人毛・オリジナル耐熱毛のミックス毛で静電気にも強くメンテナンス性も高いです。色は4色から選べ、カット・スタイリング込みで76,780円(税込)です。

https://www.wig-ladys.com/hairpiece/price/orderstyle4/

初めてのフルウィッグにピッタリの「レディメイド・ウィッグ series1」


既製品である「レディメイド・ウィッグ series1」は安価で購入できる医療用ウィッグです。抗がん剤治療による脱毛や、円形脱毛症の中でも全頭型や汎発型などにも使用できるフルウィッグで、既製品ながら自然さも特徴です。人工皮膚を使ったつむじはとても自然に見え、ショート・ボブ・セミロング・ロングのスタイルを14,080円(税込)から23,980円(税込)で購入することができます。抗菌性・防臭性が備わり、肌の負担を最小限に抑えたベースネットは、医療用ならではの安心素材を使用しているのも心強いです。人毛ならではの手触りやオリジナル耐熱毛の特徴であるツヤを併せ持つミックス毛を使用し、お手入れも簡単に行えます。
安価で購入でき、メンテナンス性もよい「レディメイド・ウィッグ series1」は初めてフルウィッグを購入する方におすすめの製品です。

https://www.wig-ladys.com/products/readymade_series1/

高い品質と自由なデザインで自然なヘアスタイルを実現

エデューで取り扱う医療用ウィッグは、すべて高い品質の人毛と化学繊維毛のミックス毛です。一般的なミックス毛に使われる化学繊維毛のデメリットの中に、不自然なテカリがあることが挙げられます。しかし、エデューの化学繊維毛は、熱処理を加えツヤを飛ばしたり、複数の色を混ぜたりなど製造方法を改善することによって、自然に近い質感を実現することができました。また、頭皮に接地する部分には治療中にも安心な素材が使われており、着け心地や通気性も申し分ありません。
さらに、ウィッグ購入の相談やスタイリングをするのは、全員が大学病院内の美容室で勤務経験があるスタッフ。円形脱毛症を自然にカバーする方法やアレンジまで提案してくれる心強い味方です。また、治療経過に合わせた手縫いのサイズ調整やカットまで、魅力的なサービスも展開しています。医療用ウィッグを初めて使用する場合や長期にわたって使用する場合など、品質やサービスを兼ね備えたエデューでの購入がおすすめです。

自宅からでも自分に合ったウィッグが購入できる

エデューでは、円形脱毛症のために人目を気にしてしまい外出が億劫になっている方や、治療中などで体調が思わしくなく外出が困難な方向けの出張サービスがあります。また、遠方の方向けに自宅からでも自分に合ったウィッグを購入できる宅配サービスも行っています。出張サービスは札幌・東京・大阪近郊の方へ行っており、訪問前に希望のスタイルなどを伺い、実際に担当スタッフが自宅や病室に訪問しカウンセリングやフィッティングなどを行います。宅配サービスでは、電話やメールで予算や希望のスタイル、頭のサイズ等を伺い、通常5日ほどでご自宅に届きます。もし、届いたものが頭に合わず、スタイルに不満がある場合にもサイズ調整やカットなどのアフターサービスも受けられるので安心です。
出張、宅配サービスのどちらもプロによるカウンセリングやサイズ調整、カットを行いますのでしっかりと自分に合った医療用ウィッグが購入できます。

 

購入のハードルが下がる分割払いにも対応

エデューの医療用ウィッグは、治療完了まで長期に安心して使用できる耐久性の製品を、自髪で年間にトータルでかかる美容代金を目安にした価格設定で提供しています。加えて、購入のハードルが下がる分割払いにも対応しており、髪の回復まで最小限の負担で高品質なウィッグを使用できるようお手伝いをしています。
分割払いの詳細は、エデューで算定した分割手数料相当額を実質年率最大16%、18回払いまでエデューが負担するというものです。
また、18歳以下であれば、脱毛症や抗がん剤治療中の方に最大50%の割引を適用するなどのサービスも展開しています。
金額を気にせず、髪の回復・治療に前向きな気持ちになれるよう、しっかりとしたサポート体制が整っているのはうれしいですね。

【まとめ】

円形脱毛症には、根治のための確立された治療法がないことから、症状によっては治療が長期に及ぶことも覚悟しなければならない場合もあります。そのことから、治療中の生活の質を落とさないためにも、気持ちを明るく保つためにも医療用ウィッグの着用が勧められています。
エデューの医療用ウィッグは、人毛とオリジナルの化学繊維毛を使用したミックス毛でできた高品質な製品です。病院内の美容室での実績のあるスタッフによるカウンセリングやスタイリングも可能で、普段の髪型を変えることなく、分割払いもでき手軽に始められます。エデューの年中無休の無料相談にぜひお問い合わせしてみてください。

LINEでのお問い合わせはこちらより>>

 

医療用ウィッグ 美容室エデュー

京阪モール/関西医大(枚方・滝井)/
心斎橋/南森町/銀座/札幌

お電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-489-390

無料相談 年中無休
10:30〜19:30