Frequently Asked Questions

円形脱毛症を隠す方法や対策をご紹介

円形脱毛症を隠す方法や対策をご紹介

円形脱毛症で、どのように対策をすればいいのか、またどのように隠せばいいのか不安に思われている方は多いのではないでしょうか。しかし、適切な対策を知り、実行すれば、円形脱毛症を気にせずに健やかな生活が送れます。そこで本記事では、円形脱毛症の対策と隠す方法について詳しく解説していきます。

 

円形脱毛症の対策

円形脱毛症は、適切に対応すれば改善することがほとんどです。ただし原因や症状の重さによっては、自然治癒が難しい場合もありますので見極めが必要です。
病院へかかるほかにも普段の生活の中でできる改善策があるので、ぜひ早めに試してみてください。ここでは症状が出た場合に取るべき、主な対策をご紹介します。

 

専門の医療機関を受診する

専門の医療機関を受診する

やはり第一には、専門の医療機関を受診することです。円形脱毛症は皮膚科で治療を受けることができますが、病院によっては専門外来が設けられているところもあります。
受診の際には今感じている不安や疑問をすべて質問して解消しましょう。
しかし、人によっては受診するときに緊張して、聞きそびれてしまうことがあります。そのため、受診前に自分の症状について話ができるよう準備しておくことをおすすめします。
「いつから症状が出始めたのか?」「思い当たる原因があるか?」「アレルギー疾患がないか?」など、質問を想定しておくと受診がスムーズになり、効果的な治療へとつながります。

 

頭皮・髪のケアをおこなう

頭皮・髪のケアをおこなう

円形脱毛症の対策として、頭皮と髪のケアは比較的すぐにできる対策です。頭皮の環境を整えると、抜け毛の症状が改善する場合があります。
最近では、頭皮ケアに特化したスカルプケアシャンプーなども販売されているので使用してみるといいでしょう。
シャンプーをする際は、よく泡立てて指の腹を使って頭皮を傷つけないように洗います。シャンプーやトリートメントのすすぎ残しは、頭皮トラブルの原因になるので十分な量のお湯を使って洗い流しましょう。

またシャンプーをする際に頭皮をもむと地肌が硬くなっていることがあります。これは頭皮の血行が滞っているからです。頭皮の血行は毛髪の成長や栄養に深く関係しており、血のめぐりをよくすることは脱毛の対策においてとても重要です。
そのため、シャンプーをする際や発毛剤を塗る際などに両手の指を使い、頭皮をマッサージしてみましょう。

 

生活習慣を見直す

生活習慣を見直す

髪の育成に重要な役割を果たしている「成長ホルモン」は、眠っているときに最も分泌され、髪は22時~2時の間に成長すると言われています。そして、24時以降まで起きていると、血行不良を招きやすく髪の成長の妨げになります。さらに睡眠中には休んでいるはずの交感神経が緊張したままになって、抜け毛につながる可能性もあります。
髪はもちろん身体全体の健康を考え、夜更かしをせずに早めに休んで睡眠時間をたっぷり取るようにしましょう。

食事面ではタンパク質やビタミン類の摂取が、健康な毛髪の育成を促します。栄養バランスを意識しつつ、根菜類や海藻類を積極的に摂取しましょう。また、しっかりよくかんで栄養を摂ることが大切です。
逆に刺激物や酒類、味付けの濃い食べもの、脂っこいものは、血行悪化につながるのでできるだけ避けましょう。
加えて仕事から帰って食事をして、すぐに就寝すると胃に負担がかかるので、できれば就寝する3時間前には食事を終えておくようにしましょう。

そして毛髪の成長のためには、血行促進がとても大切です。ぜひ、入浴や汗ばむ程度の運動も取り入れてみてください。特にウォーキングや水泳、サイクリングといった有酸素運動は、筋トレなどの無酸素運動よりも血のめぐりをよくする効果が期待できます。

円形脱毛症を隠す方法

円形脱毛症はすぐに治るものではありません。治療が長丁場になったり、再発したりする人もいます。できれば人に気づかれずに隠しておきたい場合もあるでしょう。ここからは、症状を隠すいくつかの方法をご紹介します。

 

帽子やスカーフを使う

帽子やスカーフを使う

帽子やスカーフで脱毛を隠すのは、すぐにできる簡単な方法です。頭をすっぽり覆ってしまえば、脱毛斑が複数ある場合にもまとめて隠すことができます。頭にフィットしやすく伸縮性のあるものは使い勝手が良いのもうれしいポイントです。
ただし、暑い季節には蒸れが気になり、なかなか長時間着用することが難しくなります。また室内やTPOによっては帽子やスカーフを着用できない場合があります。

ヘアファンデーション(パウダー)を塗る

ヘアファンデーション(パウダー)を塗る

単発で小さな脱毛斑には、「ヘアファンデーション(パウダー)」を塗るという方法があります。
頭皮にふりかけることで地肌を色づけ、周りの髪のボリュームでさりげなく気になる部分を隠します。自分の髪のままでいられるので、TPOにかかわらず使えて気軽に取り入れられます。
しかし、商品によっては化粧と同様に汗や水分で浮いたり、崩れたりすることがあるので注意が必要です。

自分の髪で隠す

自分の髪で隠す

脱毛斑が小さかったり、23カ所程度であったりする場合は、自分の髪をいかして隠しましょう。髪の短い男性の場合は、美容院で脱毛斑が目立たないようにカットしてもらうといいでしょう。セミロング・ロングの長さの髪がある女性は、ピンで脱毛斑を隠すように髪を固定したり、編み込みにしたりすると気になる部分が隠せます。
ただし、現時点である程度の髪の長さがないとおこなえず、一定の長さまで伸ばす必要があります。

 

医療用ウィッグで隠す

医療用ウィッグで隠す

医療用ウィッグを使うことは、円形脱毛症を隠したいときに非常に有効な手段です。医療用ウィッグは脱毛の症状の範囲や場所によって、さまざまに使い分けができ、自分好みの髪型にできます。
例えば、1カ所単発で脱毛斑ができてしまったが自分の髪が短くて隠せない場合には、毛髪に貼り付ける医療用ウィッグが有効です。一方、頭全体を覆うフルウィッグ、一部だけカバーする部分ウィッグやヘアピースなどは、脱毛の範囲が広い場合にとても有効で、帽子などと違ってTPOを選ぶこともありません。

そんな優秀な医療用ウィッグは、さまざまなところで手に入れることが可能です。気軽なところでは通販でも購入でき、種類も豊富にありますが自分の症状や希望する色・形にきちんと合ったものを見極める必要があります。実物を見て購入ができない場合は、実際に手にした際、思っていたよりも不自然な質感であったり、似合わなかったりするケースがあるので気を付けましょう。

そこでおすすめなのがエデューのウィッグです。エデューでは自然な見た目のウィッグを豊富にそろえており、店舗でスタッフのアドバイスを聞きながら、自分に最適なウィッグが選べます。
全国各地にサロンがあり、自分の髪のカットや購入したウィッグの調整をあわせておこなえます。

ウィッグを使うことにハードルを感じ、手軽なヘアファンデーションを選択する方もいらっしゃるかもしれません。しかし、使用頻度や使用期間が長くなるとヘアファンデーションはコストがかさんでいきます。
その点、エデューのウィッグであれば、価格は数千円から数万円で、分割払いが可能です。しかも最大18回までは分割手数料を負担してくれるため、治療をしながらウィッグを作っても負担が少なく、一度作れば長く愛用できます。
使用するウィッグの髪の種類は、化学繊維毛と人毛の良いところを合わせた「人毛ミックス」なので、自然な見た目でお手入れも簡単です。月々美容院に通うような気持ちで気軽に利用できるでしょう。

円形脱毛症のウィッグの製品ページはこちらより>>

 

まとめ

円形脱毛症の原因や症状は人それぞれです。まずは医療機関への受診が優先ですが、頭皮や髪の状態を整えるためには普段の生活を見直すことも大切です。紹介した対策をぜひ実行してみてください。
また、円形脱毛症が原因で常に「人に気づかれるかもしれない」とストレスを抱えるのは体によくありません。そこでおすすめは医療用ウィッグです。ウィッグならば手間をかけずに脱毛を隠すことができ、多様な症状に対応できます。少しでも気持ちを楽にして治療に専念できるよう、ぜひ医療用ウィッグの利用を前向きに検討してみてください。

医療用ウィッグ 美容室エデュー

京阪モール/関西医大(枚方・滝井)/
心斎橋/南森町/銀座/札幌

お電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-489-390

無料相談 年中無休
10:30〜19:30