Frequently Asked Questions

一般的に医療用ウィッグを購入後、カラーの変更はできるの?

一般的に医療用ウィッグを購入後、カラーの変更はできるの?
と言うお客様のご質問にお答えします。

色をしっかり選ぶことは良いウィッグ選びの基本です。

 

私たちエデューは大学病院の中美容室を中心に東京・大阪・札幌で12年以上にわたり1万名以上の方をウィッグでサポートしてきました。
今回は、お客様から頂く「ウィッグの色ってあとで変えれるの?自宅で染めたりできるの?」というご質問へお答えします。

結論:医療用ウィッグはご購入後、色の変更は難しい。

理由1 髪の素材はご自身の髪質とは全く異なります。
理由2 髪を自宅で染めれる染料は販売されていますが、とても激しい色だけです。

理由1 髪の素材はご自身の髪質とは全く異なります。

医療用ウィッグでもおしゃれ用のウィッグでも、髪の材質としては3つあります。
人毛100%のウィッグ
化学繊維のウィッグ
ミックス(人毛と化学繊維をブレンドしたもの)がありますが順番に説明します。

人毛の髪の毛

人の髪の毛だったらカラーができるんじゃないのかなあ?と思ってる方がいらっしゃるようですけど、以外と難しいです。
理由としては人毛でウィッグを作る時にに用いられる髪は、しっかり殺菌、熱処理を行うからです。
なので、普通のカラーの薬剤がなかなか浸透しにくく思ったような色が出にくいって言うのが本当のところです。

私たちのお店でも人毛100%のウィックを毛染めして欲しいというお客様がいらっしゃいますが、
その時にはしっかり作業時間を頂くことと、微妙な色の表現はお約束できません。

化学繊維のウィッグについて

化学繊維の髪には一般的なヘアカラーはできません。
化学繊維用の染料も販売されていますが、かなりはっきりとした色、例えばブルーとか緑とかピンクとか。
そういったはっきりとした色には染めれるようですが、
「ウィッグを自然に見せたい」という方には向いておらず、
ナチュラルな髪の毛の色に見せたい少しブラウンにしたいとか明るめのブラウンに少し変えてみたいとかって言うことには今のところ対応している染料はなさそうです。
化学繊維を買われる場合にはしっかりと未来の色を選んでこないと返品交換をしてもらえると難しいと言うことになってきます

人毛ミックス

人毛ミックスのウィッグは化学繊維毛と人毛を混ぜ合わせたウィッグの髪のタイプです。
こちらのほうもやっぱり化学繊維毛のところは染まらないですし、
人毛もどういう色の出方が来るか分からないのです。

以上のような結論で、医療用ウィッグの色の変更っていうのは一般の方には難しいというのが見解です。

通販でウィッグをお探しの方へのポイント

購入後のカラー交換ができるお店とそうじゃない店でも見たことがあります。
交換とか返品のルールをきちっと読んでいただいて、しっかりと把握してから購買されることをオススメします。

医療用ウィッグ色選びでの失敗例

ウィッグの色をしっかり選ぶと言うことが正しいウィック選びの基本になってくると、冒頭でお伝えしました。
実際にお困りになられた、1台目を他社でウィッグを購買されたお客様の例です。
1ヶ月後に控えた就職活動を考えずにウィッグの色を選んでしまってお困りになられてました。
通販でご自身で購買されたということですが、病気のことやウィッグの用意などお一人で考ることが多く、
気が付かなかったということです。

医療用ウィッグをご検討中の方へ

 

医療用ウィッグをお買い求めの場合は初めてウィッグを検討される方が多いと思われます。
この記事が少しでも不安を解消頂いて、正しいウィッグ選びの方法をお伝え出来ればと思います。

医療用ウィッグ 美容室エデュー

京阪モール/関西医大(枚方・滝井)/
心斎橋/南森町/銀座/札幌

お電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-489-390

無料相談 年中無休
10:30〜19:30