Frequently Asked Questions

抗がん剤による脱毛に適したウィッグの選び方 医療用ウィッグをおすすめする理由とは

抗がん剤による脱毛に適したウィッグの選び方

抗がん剤治療を始めると、薬の副作用により脱毛することがあります。薬剤の種類や投薬量、個人の体質によって個人差はあるものの、多くの方が副作用による脱毛に悩んでいます。
脱毛を隠すため、ウィッグを着用する方も少なくありません。本記事では、脱毛に適した医療用ウィッグの選び方やおすすめする理由を紹介します。

 

医療用ウィッグとは

医療用ウィッグとは

ウィッグと聞くと多くの方は、コスプレやオシャレで着用するものをイメージする方も多いのではないでしょうか。ファッションでの利用と医療用との区別が明確にできている方は、おそらく少ないかもしれません。まずは、医療用ウィッグの概要や目的、ファッション用ウィッグとの違いについて解説します。

 

医療用ウィッグの目的

抗がん剤治療や円形脱毛症などによる脱毛で、悩む方のために開発されたのが医療用ウィッグです。とくに、抗がん剤治療は長期にわたるケースも多く、そのあいだに脱毛で悩む患者様は少なくありません。このような方たちの悩みを解消し、生活の質を高めるために医療用ウィッグが誕生しました。

オシャレやコスプレなどに使用するものは、一般的にファッション用ウィッグと呼ばれます。少し派手で奇抜なカラーリングやヘアスタイルの製品も多く、近年では気分転換に髪型を変えたい方や職場で髪の色を指摘されないよう着用するケースも増えています。

ファッション用ウィッグとの大きな違いは品質です。医療用ウィッグは、長期にわたり日常的に着用するため、快適性や通気性、見た目の自然さにこだわって作られています。そのため、ファッション用に比べて付け心地がよく、着用時のストレスが少ないのが魅力です。

 

抗がん剤治療に向けて医療用ウィッグの準備をおすすめする理由

医療用ウィッグの準備をおすすめする理由

これから抗がん剤治療に取り組むのなら、医療用ウィッグの準備をおすすめします。治療に向けて前向きな気持ちになれ、普段通りの生活を送れるからです。以下で詳しく解説します。

治療に向けて前向きな気持ちになれる治療に向けて前向きな気持ちになれる

抗がん剤の投与を始めた場合、必ずしも脱毛するわけではありません。それは、薬の種類や投薬量、患者様の体質などにより、副作用の現れ方や度合いが異なるからです。ただ、実際に抗がん剤の副作用による脱毛で悩んでいる方は多いため、治療へ取り組む中でネガティブな気持ちを抱いてしまう方もいるでしょう。

そんな方にはぜひ医療用ウィッグをおすすめします。たとえ脱毛したとしても、ウィッグを着用すれば周りの人たちの目を気にして生活する心配がありません。脱毛による精神的なダメージを軽減できるのは大きなメリットでしょう。

髪の毛がどんどん抜けていく状況は、誰でも怖いものです。このまますべての髪の毛が抜け落ちてしまうのでは、と悲観的になってしまう方も少なくありません。そのような精神状態が続けば、治療にも専念できなくなるおそれがあります。

医療用ウィッグの着用により、精神的なダメージを緩和できれば、闘病にしっかり専念できます。不安がなくなり気持ちも前向きになれ、「早く元気になろう!」と考えられるようになるでしょう。実際、ウィッグのおかげで前向きになれた、といった口コミも多く見受けられます。詳しくは、以下をご覧ください。

 

前向きな気持ちになれました! | 医療用ウィッグの口コミ-edu札幌店

「明るい気持ちになれました」医療用ウィッグの口コミ-edu札幌店

 

普段通りの生活を送ることができる

抗がん剤治療により脱毛が始まると、どうしても周りの目が気になってしまいます。そのため、仕事へ行きたくない、外出したくない、と自宅や病室に閉じこもってしまう方も少なくありません。

特に、女性はその傾向が強いようで、髪の毛に特別な思い入れのある方も多く、治療前に美しい髪が自慢だった方も中にはいるでしょう。そのような方ならなおさら副作用で髪の毛が失わることは精神的に大きなダメージを受けてしまいます。

医療用ウィッグを取り入れれば、このような心配もなくなります。ファッション用と異なり自然な仕上がりになるため、周りの人からはウィッグを着用していると気づかれる心配もほとんどありません。

なにより不自然な仕上がりにならないのが、医療用ウィッグの魅力です。それでもまだ心配という方は、ぜひ以下の口コミにも目を通してみてください。

とても自然で満足-edu関西医大枚方店 【医療用ウィッグの口コミ】

 

抗がん剤治療中におすすめのウィッグと購入のタイミング

抗がん剤治療中におすすめのウィッグと購入のタイミング

抗がん剤治療の副作用による脱毛は、頭部全体におよぶことが多いため、頭全体の毛髪をカバーできる全頭ウィッグがおすすめです。これなら治療により毛量がかなり少なくなった場合でも対応できます。

いつ購入すればいいのか、いつから着用すればよいのか、といった疑問をもつ方もいるでしょう。適切な購入時期は、治療方針が確定してから実際に治療を始めるまでの期間です。治療を始めてすぐに脱毛することも多いため、事前に用意しておくと安心できるでしょう。治療開始後に体力が低下する可能性も高いため、事前の準備がおすすめです。

通販でもウィッグは購入できますが、その場合試着ができず、販売スタッフから専門的なアドバイスももらえません。結局買い直しとなることもめずらしくないため、店頭で相談のうえ購入し不安を解消するのがおすすめです。

抗がん剤治療後におすすめのウィッグ

抗がん剤治療後におすすめのウィッグ

治療後は、首から頭頂部にかけて髪の毛の回復が早く、前髪から正面にかけてはやや遅くなる傾向があります。そのため、一時的に髪の毛がしっかり生えている部分と、そうでない部分が混在してしまいます。

このようなときに活用できるのが、部分ウィッグです。名前が示す通り部分的にカバーできるウィッグで、髪の毛が回復したところには必要なく、発毛していないところにだけ使用できるため、着用感も自然に感じるでしょう。

医療用ウィッグを選ぶポイント

医療用ウィッグを選ぶポイント

現在では、数多くの医療用ウィッグが販売されています。そのため、どれを購入すればよいのか、何を基準に選べばよいのかがわからない、といった方は少なくありません。選ぶポイントはいくつかありますが、自然さや快適さを重視して選ぶとよいでしょう。また、実店舗営業をしているか、購入後のケアがあるかどうかも購入時のチェックポイントです。

自然さ

安価なファッション用ウィッグでは、必要以上にツヤがあり、場合によっては不自然な仕上がりになってしまいます。とはいえ、医療用ウィッグも、自分に合ったウィッグを選ばないと仕上がりが不自然になってしまう可能性があるため、選ぶときは注意が必要です。

自然な見た目の決め手となるのは、つむじや分け目の自然さ、髪のツヤ、色、髪の種類などが挙げられます。特に種類を選ぶ際、人毛ミックスのウィッグが自然に見え、スタイリングやケアのしやすさにも定評があります。エデューでは、人毛ミックスの医療用ウィッグを取り扱っています。
基本的には、挙げた要素をチェックしつつ製品を選ぶとよいでしょう。もっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。

医療用ウィッグとは | 抗がん剤のウィッグ、はじめての選び方

快適さ

抗がん剤治療は長期にわたるケースが多いです。場合によっては、何年ものあいだ闘病生活を送ることもあるでしょう。そのため、医療用ウィッグを着用する期間も必然的に長くなってしまうのです。

また、医療用ウィッグは日常的に着用するため、選ぶ際には快適さを重視する必要があります。快適さとは、付け心地のことです。頭にきちんとフィットしない、違和感がある、頭が常に蒸れてしまう、といった製品では快適に使用できません。

快適でないウィッグを着用し続けていると、ストレスにもつながります。闘病生活はただでさえストレスが溜まりやすいので、さらなるストレスを抱え込んでしまうのは避けたいものです。このような事態を回避するためにも、快適性を重視した製品選びが重要です。

快適さを左右する要素には、サイズや重さ、ずれにくさ、通気性のよさなどが挙げられます。頭のサイズに合っているか、重すぎないか、ずれないか、通気性はよいかといった部分をきちんとチェックしましょう。


購入後のケア

抗がん剤治療から髪の毛の回復までには、およそ22年半ほどかかるため、長期にわたり医療用ウィッグを着用することが予想されます。長期にわたり日常的に使用するため、適切なメンテナンスやケアを定期的に行わないと、何度も買い直す羽目になってしまいます。

そのため、購入後のアフターケアをきちんとしてくれるところを選んで購入しましょう。スタイルやサイズの調整をしてくれるか、品質保証はあるか、静電気除去などのサービスがあるかどうかをチェックしておくと安心です。

エデューでは、購入後のメンテナンスにもしっかり対応しています。先述した内容のケアも適切に行ってくれます。エデューの手厚いアフターケアについて詳しく知りたい方は、以下の記事にぜひ目を通してください。

https://www.wig-ladys.com/q-a-medical-wig/first_wig/

 

店舗の有無

店舗の有無

医療用ウィッグは日常的に着用するため、購入時にはサイズや付け心地などを、きちんとチェックしなくてはなりません。店舗営業をしているお店なら、試着ができるため自分に合ったものを選べるのが大きなメリットです。

また、店舗にはウィッグに詳しいスタッフが在籍しています。ウィッグに関することはもちろん、頭皮や頭髪に関する悩みも相談できるでしょう。カットに対応しているお店なら、これまでと同じ髪型にしてもらうことができ、より自然な仕上がりを実現できます。

なお、エデューは実店舗による営業を行っています。医療用ウィッグに精通したスタッフが常駐しているため、相談しながらベストな製品を選べます。

医療用ウィッグならエデューがおすすめ

エデューは、関西医科大学附属病院の美容室であり、医療と密接に関わりながら医療用ウィッグの提供を行ってきました。医療用ウィッグに精通したスタッフが在籍し、プロの美容師によるカットもしてもらえます。

扱う医療用ウィッグのラインナップも豊富で、スタッフに相談しながら自身に一番合ったウィッグを見つけられます。購入後も充実したケアを受けられるため、長期にわたり使用する際も安心です。

エデュー各店のご紹介はこちらより>>

まとめ

抗がん剤治療の副作用による脱毛は、精神的なショックが大きく、人によっては外出できなくなってしまうケースもあります。医療用ウィッグを取り入れれば、気持ちも前向きになりこれまで通りの生活が送れます。
医療用ウィッグを取り入れようと考えているのなら、エデューがおすすめです。実店舗営業しているためスタッフに相談でき、もちろん試着もできます。オーダースタイルで理想的な髪形にも仕上げられるため、医療用ウィッグの購入を検討している方はぜひエデューのウィッグを選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

医療用ウィッグ 美容室エデュー

京阪モール/関西医大(枚方・滝井)/
心斎橋/南森町/銀座/札幌

お電話でのお問い合わせ

フリーダイヤル 0120-489-390

無料相談 年中無休
10:30〜19:30