コラム 医療用ウィッグは保険適用される? 控除や保険について解説


テキスト

脱毛症や抗がん剤治療による脱毛などで、医療用ウィッグをできるだけ安く購入する方法を探されている方もいらっしゃるでしょう。

ここでは、医療用ウィッグの保険適用有無や医療費控除有無に関する情報と、医療用ウィッグを購入して使い続ける時に、特に注意したいポイントを解説します。また、おすすめの医療用ウィッグも紹介しています。

医療用ウィッグ購入に健康保険は適用されるか?

抗がん剤治療や円形脱毛症、その他の理由で髪の毛が抜けてしまうことがあります。頭を保護したり心理的負担を少しでも軽くしたりするために、医療用ウィッグの購入を考えている方もいらっしゃるでしょう。医療用ウィッグは、国民健康保険の範囲内で保険適用されると思っている方が多くいらっしゃいます。

健康保険は、病気や怪我などで医療や薬などの費用に対して適用されるものです。その適用範囲は、国が厳格に定めています。医療用ウィッグは、「医療用」とされているために、健康保険の適用であると勘違いしがちですが、がん治療などの病気の治療に直接用いられる器具ではないことも事実です。

医療用ウィッグは健康保険の適用外となる

テキスト
残念ながら医療用ウィッグに健康保険は適用されません。医療用ウィッグは、名称に「医療用」と入ってはいるものの、直接的に医療に用いられるものではなく、あくまで抗がん剤治療による副作用や症状に対する精神的負担を軽くする役割になります。

健康保険は国や市区町村が運営しているため、保険適用となるには厳密な要件が存在しています。健康保険の適用範囲は、病気や怪我などに伴う医療費に適用されます。具体的には、診療、検査、薬、治療材料、処置、手術費、入院・看護費です。これらのどれかに該当しないと、健康保険は適用されません。医療用ウィッグはこれらの医療費とは直接関係がなく、医療用器具でもありません。そのため、医療用ウィッグは保険の適用はありません。

医療用ウィッグ購入は医療費控除の対象になるか?

医療用ウィッグが健康保険の適用範囲外だとしても、医療費控除の対象になるのではないかと考えられる方もいるでしょう。 医療費控除制度について確認してみます。

医療費控除は、支払った医療費や医療器具などの実費負担が、国が定める金額を超えた場合に、その超えた金額の一部が国から還付される制度です。

医療費控除の対象器具は、医師が治療や予防に必要と診断した器具であることが必要です。たとえば、コルセットや義手・義足、松葉づえ、義歯や補聴器等の購入費用が該当します。

医療用ウィッグは医療費控除の対象外となる

テキスト
いっぽうで医療用ウィッグは、医師が勧めることもよくあります。そのため、医療用ウィッグの購入も医療サービスの1種と思いがちですが、医療費控除の要件には当てはまりません。医療費控除の対象になるものは、医師が治療や予防のために直接必要と診断した器具であることが必要です。この医療費控除の要件を満たせば、医療費控除が適用されるはずです。 しかし、医療用ウィッグは、抗がん剤治療などで脱毛してしまった結果、その心の負担を減らす道具と捉えられいます。医療費控除の適用はないことを覚えておきましょう。

近い事例として、乳房再建は医療費控除の対象とされています。乳房の外観を回復させる手術は患者の乳房再建手術であり、乳がん治療の一部と考えられています。さらに、女性にとって乳房を失うことは日常生活において支障が生じることもあるからです。

安く医療用ウィッグを購入するポイント

テキスト
医療用ウィッグの購入には、健康保険も適用されず、医療費控除の対象でもありません。そのため高い費用を支払う必要があります。病気のために医療用ウィッグを使用する心の負担もあるだけでなく、さらに高い費用を払う必要があるのは辛いことです。しかし医療用ウィッグの使用は、社会活動を行っていく上で少しでも精神的負担を取り除き、生活の質を向上させるものです。

それでは、医療用ウィッグを少しでも安く購入する方法はないのでしょうか?

補助金・助成金が適用される地域かどうか確認する

テキスト
医療用ウィッグの購入は、都道府県や市区町村が補助金や助成金制度を設けている地域も存在します。 これらの自治体が主体となる補助金や助成金を受けるためには、以下のような要件を設けている場合が多いといえます。

①補助金・助成金制度を設けている自治体に住んでいること

自身が住んでいる地域の自治体のホームページで確認するとよいでしょう。あくまでも自治体の任意の補助金・助成金制度であるとの認識が必要です。

②抗がん剤治療を受けている場合、または、受けたことがある場合

医療用ウィッグの購入の必要性が、抗がん剤治療に限定されています。円形脱毛症の場合は含まれません。

③抗がん剤治療の副作用による脱毛で就労や社会参加等に支障がある場合

脱毛によって就労や社会参加等に支障がある場合は、個人にも社会にも損失につながります。就労に支障がある旨を書面で疎明する必要があるため、その備えとして、病院の診断書や治療方針計画書、ウィッグ購入時の領収証や支払明細書などを保管しておきましょう。

福祉的な観点から補助金・助成金を設ける自治体も増えてきています。対象者の要件や申込要綱は自治体によって異なるため、まずは利用できるかどうか、各自治体のホームページで確認してみましょう。

レンタルサービスを利用する

テキスト
医療用ウィッグの購入に限らず、短期間の使用であれば、レンタルサービスを活用することも選択肢の1つです。1日数百円程度でレンタルできます。ただし長期間での使用が見込まれる場合は、逆に費用がかさんでしまうため、結果的に購入の方が安く抑えられます。 レンタルの場合はどのぐらいの期間必要か、初期費用はどのぐらいかかるか、それ以外の経費はかかるかなど、購入した場合と比較検討してから決定しましょう。

自分に合った品質の高い医療用ウィッグを選ぶ

テキスト
医療用ウィッグは、自分の頭のサイズや形に合い、品質の良いものを適切にケアして使用すれば長く使えるものとなります。毎日着用する場合はメガネや補聴器と同じように、自分の体の一部として使用するため、快適でなければいけません。医療用ウィッグも自身の体につける重要なものと認識して、長く使用できるものを選ぶことが、結果的に費用を抑えることにつながるといえるでしょう。そのため、いかに安く購入できるかと考えるのではなく、自分に合った品質の高いものを選択し、長く使うことで長期的に見ると安くできるという考え方で購入することをおすすめします。

医療用ウィッグを長く利用するために必要なケア

テキスト
一般的にウィッグは約2年で交換が必要といわれていますが、丁寧に適切なケアをしていれば、それより長く使用することも可能です。逆に、適切なケアを怠ると、2年も持たずに劣化してしまいかねません。ケアの仕方でウィッグの耐久性が大きく変わります。

ウィッグは特に「高熱」、「強めの洗剤」、「摩擦」に弱いため、長持ちさせるためにはこれらに注意しながら、適切なケア方法についてよく理解しておくことが大切です。

次に、医療用ウィッグを適切にケアする方法について解説します。

日々使用する医療用ウィッグを洗浄・乾燥する際は、特に注意が必要です。ウィッグは高熱に非常に弱い材質であるため、高温のお湯ではなく、ぬるま湯で洗う必要があります。また、乾燥させるときも高温のドライヤーやヘアアイロンの高熱は最もダメージを受けやすいため、注意が必要です。まずは、使用しているウィッグが耐熱性かどうか確認してください。ドライヤーやヘアアイロンを使える場合は、必ず耐熱温度よりも低い温度に設定しましょう。

洗浄力の強すぎるシャンプーや石鹸を避ける

テキスト
髪の毛を洗う時に使用するシャンプーや石鹸にも注意が必要です。シャンプーや石鹸はウィッグ専用のものを使用し、強い洗浄力を持つシャンプーや石鹸は控えるようにしましょう。また、劣化を早めてしまうため、着用する度ごとに洗わないこともポイントです。目安として、10~20回の連続使用後に、臭いが気になった時に専用のシャンプーや石鹸で適切に洗いましょう。 また、洗浄後はすぐに乾かすことが大事です。濡れたままで放っておくと雑菌の繁殖や、型崩れの原因になります。

ウィッグには人毛100%、化学繊維毛100%、人毛と化学繊維毛の混合という3種類があります。その中でも人毛100%を使用したウィッグは、間違った洗い方をしてしまうと修復不可能な状態になるため注意が必要です。また、購買時期によって品質が不安定であるため、よりいっそう注意深くケアする必要があるでしょう。

ブラッシングや帽子などの摩擦を避ける

テキスト
医療用ウィッグは、不適切なブラッシングや着用時に帽子を被ることでも傷んでしまいます。摩擦により、ウィッグが痛むだけでなく、絡まってしまうこともあります。その絡まりをほぐすためのブラッシングでさらに摩擦を引き起こすことにもなりかねません。

購入時の美しいウィッグを保つには、ウィッグ専用ブラシで丁寧にやさしくブラッシングします。根元から毛先まで丁寧に行うとよいでしょう。どうしても静電気がひどい時は、専用のウィッグオイルを利用すると、静電気や摩擦の軽減に役立ち、ホコリの付着予防にもなります。 このように、医療用ウィッグはブラッシングや帽子の着用といった物理的な摩擦にも十分に注意しましょう。

「エデュー」のセミオーダー医療用ウィッグがおすすめ

テキスト
医療用ウィッグを長持ちさせるためには、毎日のケアがとても大事であることがおわかりいただけたと思います。それではどのような医療用ウィッグを購入すればよいのでしょうか。 「医療用ウィッグでも、脱毛前と変わらないヘアスタイルにしたい」「ウィッグだとわからないように自然なヘアスタイルが希望」といった方々の要望に応えるのが、医療用ウィッグのケアを専門とし、大学病院内を中心に活動してきた美容室、「エデュー」です。

エデューは、抗がん剤治療や円形脱毛症で医療用ウィッグが必要な方に、高品質・安心価格でウィッグを提供しています。大学病院内の美容室で12年以上、1万名以上の方々の髪の悩みに寄り添ってきた豊富な経験を基に、美容師だからできるカット&フィッティング技術で多くの方のスタイリングをサポートしています。

スタイリングが完了したウィッグは、当日すぐの受け取りが可能です。事前に電話カウンセリングで髪型やリクエストを伝えておけば、セミオーダーウィッグでも最短30分程度で受け取れます。

ウィッグを使用していても、以前と変わらない髪型に仕上げることができます。また、ご自身の髪の毛がすこしずつ生えてきた時にも、ウィッグと髪の絡まりを予防し、抜け毛のケアも行います。治療が2年から3年と長期に及ぶ円形脱毛症の場合は、ただ隠すのではなく、ウィッグを活用してお客様に最適な髪型に仕上げます。

円形脱毛症の医療用ウィッグは、14,080円から107,800円(税込)の価格帯で提供しています。1年間で計算した場合、月にすると1,200円~9,000円程度です。ウィッグを使って、これまでどおりの髪型を再現します。分け目も自由にスタイリングでき、地肌からの生え方も自然です。購入後のスタイリングにご満足いただけない場合は、スタイルの変更を保証しています。 ウィッグも長期間使用していると変化してきます。さらに、ご自身の髪の毛のボリュームが変化することで調整が必要になった場合など、スタイルキープに必要なアフターサービスも充実しています。

お支払い方法は分割にも対応しています。抗がん剤治療や円形脱毛症でウィッグを使用することへの精神的負担をできる限り軽くするように、しっかりとしたウィッグで最適なヘアスタイルに仕上げサポートします。

【まとめ】

医療用ウィッグは、「医療用」であっても健康保険も医療費控除も適用されません。地域によっては補助金や助成金制度が存在しているため、所属する自治体のホームページなどで確認するとよいでしょう。

抗がん剤や円形脱毛症などで医療用ウィッグを購入するときは、自分に合うものを購入するのはもちろんですが、それと同時に、購入後の正しいケアの仕方を理解して丁寧に扱うことで、長期的に見てコストを抑えられます。

最適なウィッグを購入して自然な髪型に仕上げ、生活の質を上げていきましょう。

Contact edu.styleへのお問い合わせ

Column コラム すべての記事を見る

すべての記事を見る

お客さまの声 お客さまの声

User voice お客さまの声


トップの髪が気になり・・・ウイッグをつけてみよう

脱毛症が治ってもおしゃれウィッグに

2022.05.15 ウィッグのコラムを更新しました。

デフォルト画像
医療用ウィッグ(抗がんのウィッグ)値段を使用期間や耐久性で考察 詳細ページはこちらより>> 女性の薄

東京 銀座店のお客様からのお便りのご紹介

東京 銀座店のお客様からのお便りのご紹介

すべてを見る