ウィッグ ウィッグをつけたまま温泉に入れるの? お手入れのポイント


【ウィッグをつけたまま温泉に入れるの? 】メイン画像

ウィッグの購入を考えているものの、被ったまま温泉に入れるのか、と疑問や不安を抱く方も中にはいるでしょう。

特に、友人や知人と旅行に行くのであれば、ウィッグを外さず入浴したい、と考えるかもしれません。

本記事では、ウィッグのまま温泉に入れるのかどうか、注意点もあわせて解説します。

ウィッグをつけたまま温泉に入れるのか?

ウィッグをつけたまま温泉に入れるの?といった疑問を抱く方は少なくありません。

結論からいえば、ウィッグ着用のまま温泉に入るのは可能です。

ただ、着用したまま入浴したい場合は、人毛ミックス毛や化学繊維毛の製品を選ぶとよいでしょう。

なぜ人毛ミックスや化学繊維毛ウィッグがおすすめなの?

人毛ミックスや化学繊維毛の製品は、着用したままお風呂に入れるのがメリットです。

人毛ミックスとは、化学繊維毛と人毛の両方を使用した、ハイブリッドなウィッグです。

うねりが出にくいため、入浴時に縛れる、スタイリングしやすいなどのメリットがあります。

人毛が混ざっていることで、自然に見えやすいのも特徴です。


化学繊維毛は、化学繊維を素材とした人工の毛です。

アクリルやポリエステルなどを素材として用いるケースが多く、低価格かつ製品のバリエーションが多い、スタイルをキープしやすいなどがメリットです。

人毛ミックスや化学繊維毛は、濡れても乾くのが速いため、お手入れしやすい魅力もあります。

そのため、メンテナンス性を重視される方にも、これらのウィッグはおすすめといえるでしょう。

なお、汚れが酷いときは、一度外してからブラッシング、シャンプーを行うといった方法があります。

また、エデューではウィッグの最適な洗浄方法として、電解水【eau de bleu(オーデブルー)】でのつけ置き洗いをおすすめしています。

シャンプーに比べて摩擦が少ない分、髪の毛への負担が小さくウィッグが長持ちします。



人毛ウィッグとの違いは?

人毛ウィッグとは、人毛を素材として用いた製品を指します。

100%人毛なので、ナチュラルな見た目となり、適切にメンテナンスを行えば長持ちもします。

人毛ミックスや化学繊維毛に比べ、高価なのがデメリットといえるでしょう。

毛が長くなるほど高価になる傾向があり、中には100万円を超えるケースもあります。

また、メンテナンス性がよくないのも、デメリットといえるでしょう。

人毛ミックスや化学繊維毛に比べ、手軽に手入れができず、適切な方法で行わないと品質を損ねてしまうおそれもあります。

さらに、湿気でうねりが出てしまうこともあるため、入浴時には注意が必要です。

手ごろな価格で手入れをしやすく、安心して温泉に入れるウィッグを求めているのなら、人毛ミックスや化学繊維毛の製品を選んだほうがよいでしょう。

温泉・銭湯に入るときの注意点

ウィッグを被ったまま、温泉や銭湯などに入るのなら、いくつか注意点を覚えておきましょう。

注意点を押さえぬまま入浴してしまうと、思わぬトラブルが発生するかもしれません。



温泉に入る前の注意点

まず、前提として100%人毛のウィッグを着用しての入浴はおすすめしません。

湿気でうねるおそれがあるため、入浴後のメンテナンスも面倒です。

可能であれば、普段用の良質なウィッグ以外に、温泉・銭湯用の安価なウィッグを用意しておくのもひとつの手です。
ウィッグを外して入浴したいものの、周りには知られたくない、といったケースでは、タオルと前髪ウィッグを縫い付ける方法があります。

サイド毛付きの前髪ウィッグを、タオルと縫合し、入浴前に着用するのです。

これなら、周りからは髪の毛が濡れないように、タオルを巻いているようにしか見えません。

サイド毛付きの製品であれば、より自然に見えるでしょう。

ただ、この方法は裁縫が得意な方でないと難しいかもしれません。

また、突然温泉に入ることになった、といった場合には対応できないのは難点です。


入浴中の注意点

入浴中にウィッグを洗うのは控えましょう。

ウィッグを着用したまま洗浄するのは難しく、場合によっては取れそうになることもあります。

暑い時期には、ウィッグにも汗やホコリが付着しやすくなるため、入浴中に洗いたくなる気持ちは理解できますが、おすすめできません。
また、濡れたウィッグはボリュームが少なくなり、内側のネットが見えてしまう可能性もあります。

毛が絡まり、その場でもとに戻せなくなる、といったリスクもあるため、入浴中に洗うのはやめたほうがよいでしょう。

入浴中は、できるだけウィッグを濡らさないように努めるのが基本です。

髪が濡れていないと目立ってしまうのではと心配なら、濡らした手で毛を通しておくと自然に見えます。

頭部全体を、タオルで覆って入るのもひとつの手です。

ここまですれば、周りにウィッグであることがバレるリスクはかなり軽減します。


入浴後の注意点

入浴後のウィッグには、汗がたくさん付着しているので、丁寧に手入れをしましょう。

一度取り外して、除菌シートなどで内側を拭ってください。

頭皮も汗をかいているため、そのまま再度ウィッグをかぶると、かゆみの原因となるおそれがあります。

頭皮の汗も、除菌シートで拭っておくと安心です。

宿泊する予定なら、部屋で外したウィッグを手入れし、洗面所などで頭を洗うとよいでしょう。

温泉用のウィッグを着用して入浴した場合には、部屋やトイレなどで、普段用の製品に付け替えましょう。

この場合も、入浴中に着用していたウィッグの内側や、頭皮を除菌シート、濡れタオルなどで拭うのを忘れないでください。


髪質によって異なる

着用しているウィッグの毛質によって変わるため、注意が必要です。

人毛やポリエステル素材の製品は、耐熱性が高いため、サウナで着用してもまず問題はないでしょう。

一方、アクリル素材を用いた製品は、耐熱性が低いためダメージを受けるおそれがあります。

サウナは、80~90度、もしくはそれ以上の高温になることも多いため、少なからずウィッグに悪影響を及ぼす可能性があるのです。

また、人毛ウィッグは湿気でうねりやすいため、サウナに入ると毛がうねってしまうおそれがあります。

サウナから出たあとのメンテナンスが大変なので、注意したほうがよいでしょう。




耐熱ファイバーなら高熱にも耐えてくれる


ファイバーとは、繊維強化プラスチックのことです。

ウィッグの素材としても用いられていますが、通常のファイバーは約100度までの熱にしか耐えられないため、サウナでの着用は現実的ではありません。

一方、耐熱ファイバーは、通常のファイバーよりも飛躍的に耐熱性を高めています。

150~200度くらいの熱に耐えられるため、耐熱ファイバーを用いたウィッグであれば、安心してサウナに入れるでしょう。

耐熱ファイバー製のウィッグであれば、サウナはもちろん岩盤浴でも着用できます。

また、ヘアアイロンやドライヤーを使用しても、変形したり溶けたりといった心配がありません。

なお、耐熱ファイバーのウィッグはそれほど高価でないため、安心してください。

人毛ウィッグに比べると、はるかに低価格で入手できます。

ウィッグのまま温泉に入れるのか、疑問にお答えしましたが、いかがでしたか。

注意点こそあるものの、温泉や銭湯での入浴は可能です。本記事の内容が参考になれば幸いです。



まとめ

温泉や銭湯にウィッグを着用したまま入浴したいのなら、人毛ミックスや化学繊維毛の製品がおすすめです。

入浴中はなるべく濡らさないよう配慮し、入浴後は除菌シートなどで手入れをしましょう。

サウナにも入りたいのなら、耐熱性の高い製品がおすすめです。エデューでは、耐熱性の高いウィッグも豊富に取りそろえています。

ウィッグをご用命の際は、ぜひエデューへご相談ください。

詳しくはこちらより
ウィッグのページへ>>

Contact edu.styleへのお問い合わせ

Column コラム すべての記事を見る

すべての記事を見る

お客さまの声 お客さまの声

User voice お客さまの声


医療用ウィッグの卒業。フルウィッグから部分ウィッグへ。医療用ウィッグの口コミedu札幌店

お仕事をしながらの治療-医療用ウィッグの口コミ edu札幌店

人毛100%よりお手入れが楽なミックス毛へ-医療用ウィッグの口コミ

ご家族も気づかないほど自然なウィッグ-ウィッグの口コミ

デフォルト画像

すべてを見る